カテゴリ:地域の祭り( 15 )
【祭り】第42回見附まつり(見附市)
開催日:平成22年7月23日(金)24日(土)25日(日)

第42回見附まつり23日から25日の3日間行われ、今年で42回目を迎えます。
23日はオープニングと花火大会など
24日は子供相撲大会や民謡流しなど
25日は鼓笛パレード・演奏やみこし、樽はやし大会などが行われます。

 また、3日目に行われる樽はやし大会は見附青年会議所が主催、運営をおこなっており、見附市民総勢1300名が参加し、音楽にあわせ樽を叩きながら商店街を練り歩きます。
 市民が奏でる樽の音は、大きく鳴り響くことで地域に一体感を生みます。それは、市民互いの絆を結びつけ、地域(ふるさと)を盛り上げる大きな活力に繋がります。第42回見附まつり樽はやし大会は、市民のみなさんに楽しんでもらい、地域の絆を深め、地域の活力を生むきっかけになる事を目的とします。
d0181105_16195624.jpg

d0181105_16184774.jpg


[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 16:20 | 地域の祭り
【祭り】ほだれ祭り(旧栃尾市)
開催日:毎年3月第2日曜日 11:00~

旧栃尾市下来伝地区のほだれ神社で行われる知る人ぞ知る奇祭です。「ほだれ」とは「たわわに実った稲穂が垂れる」様を表す言葉で、五穀豊穣、子宝や良縁、子育てなど、人や作物の豊かな実りを祈願する祭りです。
 御神体は高さ2.2m、重さ600kgの日本一大きい木彫りの陽根型の道祖神。この祭の時だけ祠から出され、初嫁を乗せて担がれます。
 参拝者には富くじ、福餅の餅つきなどのほか、栃尾名物ジャンボあぶらげなどのお土産コーナー、地酒、甘酒などの美味コーナーが用意されます。御神体の形をした飴や御神体の形の容器に入った地酒などは話のタネにお土産にされてはいかがでしょう。(栃尾観光協会HPより引用)
d0181105_1350187.jpg


d0181105_13502167.jpg

[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 13:51 | 地域の祭り
白根大凧合戦(旧白根市)
日本3大凧揚げの一つ、白根大凧合戦は、新潟市南区の白根地区(南区白根、旧白根市)と味方地区(南区西白根、旧味方村)で毎年6月上旬に開かれる凧の祭。両地区が信濃川の分流である中ノ口川を挟んで両岸から大凧を揚げて絡ませ、凧の綱が切れるまで引き合い勝敗を決める勇壮な祭である。この凧合戦の由来は、江戸時代の中頃、中ノ口川の堤防改修工事の完成祝いに、白根側の人が凧を揚げたところ、対岸の西白根側に凧が落ち、田畑を荒らしたことに腹を立てた西白根側の人が、対抗して凧を白根側にたたきつけたことが、起源と伝えられています。このため、凧が相手側に向かって揚がる様に工夫して作ってあり、先人の技術に更に改良を加え現在に至っています。
各組それぞれに特色があり、揚がり方や、掛け方に違いがありますが、組の伝統を守り、技術に改良を加え、一枚でも多く合戦することを目的に、凧を作り、揚げています。凧合戦期間中は、大凧約300枚・巻き凧約1200枚の凧が空に舞います。                              
凧の種類としては大凧と巻き凧があり、大凧は縦7メートル、横5メートルの畳24畳大で、合戦凧としては世界最大級である。竹の骨組みに和紙を貼ってあり、鼻緒と呼ばれる揚がり方をコントロールする長さ30メートル程の細めのワラ縄42本と引き合い用の直径2.5センチ程の麻製の揚げ綱(元綱:モトイト)が付いている。この揚げ綱は材料の50から60キロの日本麻を3ヶ月かけて名人が長さ130メートルの綱に仕上げたもの。巻凧は縦2.8メートル、横2.2メートルの畳5畳程度の六角凧である。元綱と4本の鼻緒が付いている。ちなみに巻凧の名称は、凧を収納する際に、縦骨を抜きくるくると巻き取るところから由来する。ちなみに映画では、1977年公開のトラック野郎シリーズ第5作目「度胸一番星」と、1983年公開の男はつらいよシリーズ第31作目「男はつらいよ旅と女と寅次郎」の映画に出ています。

d0181105_13304689.jpg

d0181105_13313249.jpg

[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 13:35 | 地域の祭り
葛塚まつり(旧豊栄市)
開催日:毎年9月5日から9月8日

宝暦11(1761)年に遠藤七郎左衛門宗寿が提唱した葛塚市(くずつかいち)の開設が幕府に認められた事を祝い、翌年宝暦12(1762)年から創められた祭りであり、およそ250年の歴史がある。 現在では「民謡流し」・「葛塚石動神社秋季祭礼」・「葛塚稲荷神社秋季祭礼」等を纏めて指す。
 新潟市北区葛塚(旧豊栄市)街地を舞台に葛塚まつりが開催されます。最大の見物は何といっても9月8日夜の灯籠入舞(灯籠押し合い)で,県内外から多数の見物客が集まります。
石動神社の神様が稲荷神社の神様へ遊びに行くというのがコンセプトで、秋の実りを感謝する意味合いもあります。

9月5日
午後07時00分~午後09時00分 大民謡ながし
9月6日
午後02時00分~午後04時00分 マーチングパレード
午後07時00分~午後10時00分 石動神社まつり行列
9月7日
午前09時00分~ 石動神社例祭
石動神社各町内の山車の行進
午後01時00分~午後10時00分 臨時露店市場(夜店)開設
午後07時00分~午後10時00分 稲荷神社まつり行列
9月8日
午前08時50分~ 稲荷神社例祭
午前10時00分~午後05時00分 稲荷神社各町内の山車の行進
午後01時00分~午後10時00分 臨時露店市場(夜店)開設
午後05時30分~午後10時00分 灯籠入舞

d0181105_13203898.jpg

喧嘩灯籠

d0181105_13195530.jpg

大民謡流し
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 13:24 | 地域の祭り
城下町新発田ふるさとまつり(新発田市)
開催日:毎年8月27日~8月29日

江戸時代からつづく新発田諏訪神社の祭礼からはじまったものであり、なかでも、新発田祭りの華である新発田台輪は、1726年頃に遡る。時の6代新発田藩藩主の溝口直治が祭りの賑わいを出すため、飾り人形の屋台を出すようにとのおふれを出されたのが始まりと言われている。現在台輪は6台あり、27日の早朝に各町内から出発し、諏訪神社に奉納され(奉納台輪)、29日の夕刻に諏訪神社をあとにして各町内に向かう途中に台輪同士での「あおり」や「もみあい」がはじまる(帰り台輪)。帰り台輪は通称けんか台輪と呼ばれ、文字通りけんか祭りの様相を呈する。280年の歴史を誇る新発田の宝である。

d0181105_13161736.jpg

新発田台輪の特徴は三輪であり、前輪を持ち上げては下ろす「あおり」という動作を繰り返し運行する。台輪本体は長さ約五メートル、高さ約四メートル、幅約三メートルの御殿風二階造りで、彫刻が施され、朱漆塗り金箔仕上げと絢爛豪華に装飾されている。
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 13:17 | 地域の祭り
本成寺鬼おどり(三条市)
開催日:2月3日

法華宗総本山本成寺の節分会の一大行事として行われる鬼おどりは、室町時代本成寺の僧兵と農民が力を合わせて盗賊を追い払ったという古事にならい、悪魔祓いの形で節分の豆まき行事として続けられています。 本成寺本堂の厳粛な空気の中に響きわたる鬼たちの叫び声と鋸・斧などの金物を持ち大暴れするその姿は迫力満点。 最後は鬼に豆を投げつけて退散させ、平和と安全を祈ります。(三条市役所ホームページより抜粋)
d0181105_1394431.jpg

鬼達は人間の愚かさを馬鹿にし、大笑いします。

d0181105_13101213.jpg

最後は参加者全員が鬼をめがけて豆を投げます。僧兵達も駆けつけて、鬼を懲らしめます。
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 13:11 | 地域の祭り
浦佐毘沙門堂裸押合い大祭(南魚沼市)
開催日:3月2日~3月3日

日本の三大奇祭の一つといわれる押合祭は毎年3月3日に行われ信者より奉納 された、大ローソク(40㎏)数百本に点火され行われる諸行事は見る祭典として「北越雪譜」の中に詳しく記されております。今から千二百年前に始まり、以前は毎年正月三日に行われましたが明治6年に気候風土の関係から3月3日に行われる様になりました。毘沙門天御本尊を開帳して行う押合祭に遠くから峠を越え三日三晩がけで参拝する信者で賑わい。信者は水行(みずごり)をして身を清めその年の除災招福を祈願しようと押合いもみ合い本尊に参前する。これが現在の押合祭となり盛大に厳粛に行われ当日は深雪の中冷水を浴びた男衆が普光寺毘沙門堂内において、五穀豊穣、家内安全、身体健康を願い、ご利益の御礼を我先に奪い合う、迫力あるお祭りです。
d0181105_11562149.jpg

毘沙門天御本尊に大ローソクが奉納される状況
d0181105_1158588.jpg

水行の様子
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 11:58 | 地域の祭り
しねり弁天たたき地蔵(魚沼市)
開催日:毎年6月30日

弁天堂境内で行われる宵祭りの夜に「しねり弁天」と声をかけて、男性は女性をしねり(つねる)、近くの観音地蔵尊にお参りをする。観音地蔵尊で、女性は男性の背中を「たたき地蔵」と声をかけてたたく。無病息災、子孫繁栄のご利益が・・町には露天も並び、この祭り独特の化粧をした老若男女が「ご神体」とともに練り歩く。

d0181105_11521639.jpg

d0181105_11525475.jpg

[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 11:53 | 地域の祭り
青海神社春季大祭(加茂市)
開催日:5月21日

神輿3台が中心となって、市内大通りを練り歩きます。行列には子どもが生まれたことに感謝し、さらにこれからの成長を願って母が愛児を背負い参加します。400年ほどの歴史があり、別名乳母行列ともいわれる全国的に稀な祭りです。
d0181105_1138995.jpg

d0181105_11383715.jpg

御神輿と乳母行列の模様です。
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 11:39 | 地域の祭り
屋台祭り(旧新津市)
開催日 8月19・20日

第14代新津城主が地域発展を祈り、文化的行事として京都祇園風の祭り屋台とお囃子を作ったことを起源としたお祭りです。

d0181105_8464462.jpg

屋台をあおっているところです。
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 08:47 | 地域の祭り