ぎおん柏崎まつり(柏崎市)
京都の八坂神社の流れを汲む柏崎市の八坂神社がおこなっていた祭礼「祇園祭」と柏崎市の商工祭が一緒になり、昭和27年に誕生しました。現在は7月24日~26日の3日間行われ、24日の「マーチングパレード」を皮切りに「民謡街頭流し」25日「たる仁和賀」26日「海の大花火大会」と盛り上がります。特に花火大会は歴史が最も古く、江戸末期の1840年頃には既に八坂神社の祭礼で花火を打ち上げていた記録が残っております。そして、現在は「越後三代花火大会」のひとつに数えられ、市内は勿論、県内・県外からも多くの観光客が訪れる柏崎の一大イベントになっています。大きな特徴として、花火を海中に打ち込んでから開かせる「海中スターマイン」の打ち上げがあります。

d0181105_8211623.jpg

海の大花火大会での海中空スターマイン
[PR]
by 2010nbc | 2010-07-09 08:21 | 地域の祭り
<< 神楽南蛮味噌(小千谷市) えんま市(柏崎市) >>